見晴らしの素敵な家

金具は目立つ

従来の歯列矯正の治療では、目立つ矯正器具を歯に装着しなければなりませんでした。そのことが嫌で歯列矯正の治療を敬遠する人も多くいたでしょうし、現在も、そのイメージを持ち続けている人もいることでしょう。 しかし、現在では新しい矯正器具が開発されていますので、目立つ矯正器具を装着しなくても歯列矯正の治療を受けられるようになっています。新しい矯正器具とは、ブラケットが歯の近似色、もしくは透明な矯正器具のことであり、歯の裏側に装着する矯正器具ことです。また、ブラケットを使用しない、マウスピース型の矯正器具もあります。 但し、これらの矯正器具は、今後は主流になるのでしょうが、現在のところ、治療に使用している歯医者の数は限られています。ですから、目立つ矯正器具を装着したくないのならば、まずは歯医者を探す必要があります。ただ、歯医者を探すことは、難しくはないでしょう。インターネット検索をすれば、見つけられるはずです。

歯列矯正の治療費の相場は、大人の場合は80〜100万円、子供の場合でも30〜60万円と高額です。歯列矯正で保険が適用される治療は、ごく僅かです。ですから、一般的な治療は保険適用外で行われており、それ故、治療費の相場が高額になってしまっているのです。 つまり、保険適用条件の見直しが行われない限り、治療費の相場が大幅に低くなることは考えにくいのです。ですから、矯正器具の場合とは異なり、安い治療費の歯医者を見つけることは困難だと言えるでしょう。 但し、医療費控除という制度を利用すれば、結果的に医療費は安くなります。年間に10万円以上、医療費を支払っている場合、確定申告の際に申請すれば医療費控除を受けることでき、税金が減額されます。ですから、実質、医療費が安くなるというわけです。 但し、医療費控除の対象にならない治療もありますから、治療を受ける前に歯医者に相談した方が良いでしょう。