見晴らしの素敵な家

望んだこと以外もケア

人間は口内で食物を噛んで飲み込むことで、消化器官に栄養を送りこむことが出来ます。 しかし、虫歯・歯周病・歯槽膿漏などの影響で思うように物が噛めなくなると、栄養をうまく取り込むことができなくなり、全身の健康にも影響が出てくることもあります。 高齢者では総入れ歯の人も決して少なくないですが、健康な歯を持っている人の方が、長生きする傾向があると言われています。 しかし、失ってしまった歯は黙っていても再生することはありませんから、歯科で適切な治療を受けることでしっかりと物を噛めるようにしておくことが大切です。 例えば、入れ歯だと十分に噛めなくても、インプラントならば噛みやすくなることもあります。 全身の健康作りのために、歯科を活用してみると良いでしょう。

良い歯医者というのは、患者が訴えた症状だけを治すのではなく、トータル的に治療を行ってくれるものです。 確かに不要な治療を勧めるような歯科もあります。必要ない治療を受けて、抜かなくても良い歯を抜かれてしまったという経験を持つ人もいるかもしれません。 しかし、そうではなく今症状を感じている部分が今後他のリスクを生み出してしまわないか、もしリスクがあるならばどのように対処していけば良いか、といったことをしっかり考えて教えてくれるのが良い歯科です。 例えば歯ぎしりの癖がある患者に対して、歯が欠けてしまうリスクがあるのでそれに対してマウスピースによる治療を行った方が良いなどのアドバイスをしてくれるなど、今後の注意点について教えてくれるということです。