中古漁船は放置しない!まだまだ使える漁船なら買取ってもらおう

廃棄処分する前に業者に中古漁船として買取ってもらえるか調べよう

漁船ってどうやって処分すればいいの

使わなくなってしまった漁船などは、どうしても処分方法に困ってしまいます。そのため、放置している人もいますが、そのままではもったいないです。そんな時には、漁船などを買取ってくれる専門業者に連絡してみましょう。また、業者によっては、値段がつかない船でも処分をおこなってくれる場合もあります。

ランキングで分かる中古漁船の選び方

船
no.1

購入予算を決めておく

中古漁船を購入する際に一番にやっておく必要があるのが、購入予算を決めることです。中古でも漁船を購入することになれば、様々な経費がかかります。また、予算を決める際に中古漁船の相場も知っておくことで、購入トラブルを防ぐことができます。

no.2

使用目的を明確にする

中古漁船は漁船としてだけでなく、マリンスポーツやクルージングなどにも使うことができます。そういった使用目的を明確にしておくことで、購入時にどういったタイプの船を買うか選択肢を絞り込むことができます。

no.3

船の仕様を設定しておこう

漁船だけでなく、船には様々な大きさやタイプ、年式などがあります。漠然と大きな船が欲しい、かっこいい船が欲しいという気持ちだけではなく、「どれだけの人数が乗れる」、「馬力はどれくらいほしい」などを細かく設定しておくことで、希望する船を見つけられます。

no.4

販売店などに仲介してもらおう

漁をすることがない漁師などの間で個人販売が行われることがある中古漁船ですが、個人でのやり取りになるとトラブルが発生してしまう可能性も大きくなります。そのため、中古販売などをおこなっている販売店に仲介してもらうことで、円滑に売買ができます。

no.5

売買する時は必ず確認

インターネットなどで中古漁船を購入したり、買取ってもらうことができますが、必ず自分の目で漁船の状態を確認するようにしましょう。もしも写真だけの確認になってしまうと、写真に写っていない部分が壊れている可能性もあり、トラブルの種になってしまいます。

中古漁船は放置しない!まだまだ使える漁船なら買取ってもらおう

船

様々な用途で使用することができる中古漁船

漁船は様々なサイズが存在します。仕事として漁船を必要とする人もいれば、趣味でクルージングや海釣りを行うために購入する人もいます。そのため、様々な用途で中古漁船は使われます。そのため、漁船の買取に力を入れている業者も増えてきています。年式や船の型が古いものでも、丁寧に査定してくれることがあります。

船

中古漁船はパーツだけでも買取ってもらえる

長いこと使っていなかった、壊れてしまって放置していたなどの理由で持っていた漁船を処分しようと考える人も多いです。しかし、船には様々なパーツがあります。船自体が動かなくなってしまっても、パーツ1つ1つに価格がつくことがあるため、廃棄処分をおこなう前に一度買取業者に査定を依頼してみましょう。

買取ってもらえるパーツ

  • エンジン
  • 航行計器
  • 内装品
  • GPS
  • 無線機
  • 救命器具
  • 魚群探知機

広告募集中