見晴らしの素敵な家

伝えたいことは伝える

歯は大切な身体のパーツであることは誰もが知っていることですが、しばしば歯を失ってしまうことがあります。その大きな原因として、歯周病があり、毎日しっかりとデンタルケアをしているつもりでも、歯周病菌によって、歯が生えている歯槽骨が溶かされてしまうことがあるのです。すると、歯を支えている歯根から抜けてしまうことになります。大切な歯を失ってしまったら、私たちはデンタルクリニックで治療してもらう必要が出てきます。最近では、インプラントという治療法を選択する人が増えており、結果に大変満足している人がいる一方で、時として治療が上手くいかずにトラブルとなっているケースも報告されています。そこで、インプラントについて学んでみましょう。

インプラントの基礎知識について、その流れを中心に、簡単に説明していきます。まずは、歯科医師とのカウンセリングを経て、CT等で歯の状態を確認して行きます。これに基づいて、歯科医師が治療計画を立てていくのです。歯槽骨に異常が無ければ、一次手術で人工歯根を歯槽骨に埋め込みます。そして、人工歯根と歯槽骨がしっかりと結合したことを確認した上で、二次手術に進むのです。二次手術では、人工歯根と人工歯をつなぎ合わせるアバットメントを取り付けることになります。そして、約1カ月後に人工歯を取り付けて完成です。また、歯槽骨に異常があれば、骨移植等を行う必要がありますから、歯科医師にはさらなる技術力が必要となるのです。ですから、インプラント治療を行う場合には、治療実績が豊富な歯科医師を探す必要があるのです。